美白化粧品で乳首の黒ずみはなくせる?黒ずみをなくす化粧品

乳首の黒ずみをなくす方法として少し前までの美容整形外科の主流はレーザー治療でした。しかし、最近の主流は美白化粧品を使用した美白で乳首の黒ずみをなくす方法です。美白化粧品に含まれる美白成分にはビタミンA誘導体であるトレチノイン酸と高濃度のハイドロキノン等があります。それ以外に美白クリームによく使用される成分は、ルミキシルペプチド、ビタミンC誘導体、プラセンタなどがあります。
しかし、乳首はとてもデリケートな部位である為、美白化粧品を使用した乳首の黒ずみ改善には注意が必要です。効果が高いということは、反面、刺激が強いということ。
デリケートゾーン専用の美白化粧品など肌の部位に合わせた化粧品がありますので、身長に化粧品を選んで肌の状態を確認しながら使用することをおすすめします。

乳首の黒ずみを改善する化粧品って?

乳首の黒ずみを改善する美白化粧品というのは、刺激を最小限に抑えたデリケートゾーン専用の美白化粧品です。
デリケートゾーンは女性の体の中でも特にデリケートな部分ですので、下手に自分で判断して美白成分の入った化粧品やケア用品を使用してしまうと、予期せぬトラブルを招いてしまうかもしれません。美白化粧品を使用して乳首の黒ずみ改善を行うならまずは美白成分にはどのようなものがあって、どんな危険性を持っているのかを確かめておきましょう。
黒ずみは一歩間違えると簡単なケアでの改善が難しくなってしまいます。

ハイドロキノン

「肌を漂白する」といわれる美白成分です。メラニン色素を作り出す酸化酵素(チロシナーゼ)の活性を抑えて、メラニン色素を薄くするという、いわゆる漂白する成分です。
ハイドロキノンは、ローションを塗った後でも効果があるので、ビタミンCや後述するトレチノイン酸と一緒に使うことが可能で、より効果が高まります。
最近、美白化粧水などでよく耳にするアルブチンは、ハイドロキノンを安定化させ、安全性を高めた美白成分です。日焼け後にできるシミを予防・改善することができます。
美白効果は高いものの、刺激が強く、炎症を起こしたり、そのせいで黒ずみがひどくなったりすることもあるので以前は医療機関でしか処方することができないものでした。現在は低濃度で配合された化粧品も市販されていますが、敏感肌の方などはパッチテストを行う必要もあり、長期使用はできません。
また、ハイドロキノンは紫外線に当たると毒性の物質に変化します。乳首は紫外線に直接あたることはありませんが注意が必要です。

トレチノイン酸

ビタミンA誘導体で、肌の新陳代謝を促す成分です。トレチノイン酸はハイドロキノンと相性が良いため、一緒に使うことが多いです。
効果が出ると新陳代謝が活発になり、角質がポロポロと落ちることがあります。深い層にあるメラニン色素を外に出すために、トレチノイン酸は表皮の細胞を活発に増殖させます。通常であれば4週間サイクルのターンオーバーを2週間程度に速めます。
不要な角質がなくなり、急激に皮膚が薄くなると、肌が乾燥しやすくなったり、炎症を起こしたりともあります。妊娠中、授乳中の使用に関しての安全性は確立されていません。

ルミキシルペプチド

メラニンの生成を抑え、徐々に黒ずみを薄くさせる効果があります。天然由来のアミノ酸から成るタンパク質で、メラニン色素の生成に関与するチロシナーゼを阻害します。ルミキシルペプチドはハイドロキノンの17倍の美白効果があると言われています。そのため、低濃度で使用しても効果が見込めることから、肌への刺激が少ないとされています。
ルミキシルペプチドは酸化しにくい反面、ローションや日焼け止め、化粧品などと混ざると効果が落ちます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌をコントロールする作用などの効果があります。普通のビタミンCに比べて8倍の浸透率で、12時間もの持続性を持つ抗酸化成分です。
ビタミンCは壊れやすいのでそのまま肌に塗っても浸透しません。それを、化粧品に配合できるように安定化させたものがビタミンC誘導体です。酵素反応により、体内でビタミンCになります。即効性のある水溶性ビタミンC誘導体と、浸透力の高い油溶性ビタミンC誘導体の両方の効果で、メラニンを生成しにくくするだけでなく、メラニン色素の還元作用もある優れた美白成分です。
しかし、皮脂のコントロールに働きかけるため、もともと肌がドライぎみの人は皮脂量が減って肌が乾燥し、刺激に敏感になってしまうことがあります。

プラセンタ

プラセンタは、一般的には哺乳類の胎盤にある栄養素(複数のアミノ酸やビタミン、ミネラル)を抽出して、化粧品に配合したものを指します。毛細血管の血流を良くして肌の新陳代謝を促進させる効果や抗酸化作用を持っており、チロシナーゼ(酸化酵素)を阻害して、メラニンの生成を抑制して色素沈着を抑制させる作用も持っています。

美白化粧品で乳首の黒ずみを消すなら

美白化粧品を使って乳首の黒ずみを解消するなら、デリケートゾーンにも使える美白化粧品を使用するか、刺激を最大限まで抑えたものを使う必要があります。
乳首は体の中でもデリケートな部位です。そんな乳首の美白を行うには通常の刺激の強い美白化粧品を使用してしまうと、何らかのトラブルを招いてしまう可能性もあります。

美白化粧品を使って乳首の黒ずみ解消を目指す方法もありますが、乳首に負担をかけない黒ずみを消す方法もありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。
※産後の乳首の黒ずみを解消するのに美白化粧品を使うのは絶対にやめてください。もし美白化粧品を使った乳首の黒ずみをなくす方法をとるのであれば、赤ちゃんの授乳期を過ぎてからにしてくださいね。乳首は大切なお子さんが口をつける部分です。授乳期の誤った乳首のケアはお子さんを危険な目にさらすことにもなるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です