黒ずみをなくす食べ物ってあるの?美白に効く食べ物

肌の黒ずみは、生活習慣の乱れが一つの原因と考えられています。睡眠不足や運動不足、食生活の乱れによってホルモンバランスが崩れて肌が黒ずんできます。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促すには、生活習慣を整えて、バランスの良い食事をすることが大切です。

特に、メラニン色素の抑制を促すビタミンCや抗酸化作用があるビタミンE、新陳代謝を良くするビタミンA(βカロチン)、肌の炎症を抑えたり、細胞の再生を助けたり、炭水化物、脂肪、たんぱく質の代謝を助けるビタミンB群の摂取は重要です。健康な肌をつくるにはミネラルやたんぱく質も欠かせません。

ただし、サプリなどによる取り過ぎは過剰症を起こしたり体に不調をきたしたりするので注意が必要です。

美肌に良い栄養素は、食材でとるのが一番です。

ビタミンCはレモンの2倍 ~ ブロッコリー

 ビタミンCを多く含む食材の代表といえる柑橘類、特にレモンはビタミンCが豊富といわれていますが、ブロッコリーはレモンの2倍のビタミンCが含まれています。

ブロッコリーはビタミンEも多く含まれていて、ビタミンCは単独でとるよりも、ビタミンEを多く含む食材と一緒に口にすると体への吸収がよくなるので、両方が豊富に含まれているブロッコリーは美肌にとってかなり優秀な食材といえるでしょう。

糖分大好きな人には ~ 豚肉

 美白の大敵は、糖分やアルコールの取り過ぎです。

豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。ビタミンB1は糖質の代謝に役立つので、甘いものが好きな人や、お酒が好きな人にはお勧めです。

また、豚肉の特にB2とB6には皮脂の分泌を整えてニキビ、吹き出物を防止してくれます。

たんぱく質を摂取することもできるので、ブロッコリーと合わせて料理にすると最強と言えるでしょう。

ビタミンCを簡単摂取 ~ 柑橘類

柑橘類はビタミンCが豊富な食材です。日本では様々な種類の柑橘類が流通しているので、季節を問わず簡単に手に入り、尚且つ、調理などが必要なく簡単に摂取できるので、日常的にビタミンCを摂取するには非常にお手軽な食材です。

ただし、柑橘類の特に皮の部分にソラレンという物質が多く含まれていて、紫外線に反応して肌を黒くしてしまいます。食後2時間でソラレンの作用がピークになるので朝食の柑橘類は避けた方が良いです。

砂糖の代わりに ~ はちみつ

はちみつには、L-システインというメラニンの排出を助ける効果のある物質が含まれています。ミネラルで、美肌の天敵とでもいうべき砂糖の過剰摂取を避ける意味でも、砂糖の代わりにはちみつを使うとダブルの効果が得られます。

ビタミンCが豊富なレモンをはちみつ漬けにしたり、腸内を健康にするヨーグルトにかけたりしても美味しく食べられます。

アンチエイジングには ~ キウイ

キウイに豊富な酵素には代謝をよくしてくれる作用がありますので、美白にも効果があります。また、キウイの抗酸化作用にはアンチエイジング効果も期待できます。

ビタミンCも比較的豊富に含まれているのでとても優秀な食材です。

キウイの皮にはポリフェノールが多く含まれていますが、毛も生えていてそのまま食べることは困難です。

キウイも柑橘類と同じくソラレンが含まれている食材なので、朝食には不向きです。

肌の回復 ~ トマト

トマトといえばリコピンという栄養素で有名です。リコピンはカロチンの一種ですがリコピンの抗酸化作用はβカロチンの2倍、ビタミンEの100倍あります。

紫外線をあびてダメージを受けた肌は、放っておくと長い時間をかけてシミを生成します。

リコピンは食べた後、6~8時間後に肌の細胞に届きます。夜食べておくと朝の紫外線にさらされる時点で肌に到達して酸化を防いでくれます。朝食べるのは一番吸収率が高いので、朝トマトもお勧めです。リコピンはコラーゲンの分解を防いでくれる効果もあるので美肌には欠かせない栄養素です。

また、トマトに含まれているD-アミノ酸は角層機能を高めてくれるので美肌効果が期待できます。

美肌は腸から ~ ヨーグルト

ヨーグルトの乳酸菌が腸に良いというのは有名です。それ以外にも、ビタミンB2が多く含まれていて肌を保護する働きがあります。

ヨーグルトは、食べるだけではなく、ヨーグルトの上にある水分のホエー(乳清)は

美白パックにも使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です